今年9月、米国インディアナ州テリィホートで開催された「2002年世界ホバークラフト選手権大会」期間中に、ROSE HULMAN工科大学ではホバークラフトに関する国際シンポジウムが開催された。

日本を代表して参加した全日本ホバークラフト協会・会長(日本ホバークラフト製造・社長)山下会長は、わが国のホバークラフトの歴史と現状をふまえて講演。 特に昔、日本で製造していた有名メーカーのホバークラフトが衰退した原因は、水上で一度エンジンを停止してからの再浮上ができなかった点を強調し、現在の日本ホバークラフト製造の艇は、その点を技術的にクリアした。 そして今、一般レジャー艇と消防関係が使用するレスキュー艇とが平行して広まって来ている事、またレスキュー艇の海外輸出も行っている現状を報告し関係者及び各専門家の関心を集めた。



 




 


本ホームページに記載されている内容は、予告なく変更する場合があります。
本ホームページは全日本ホバークラフト協会が著作権を有しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。

●お問い合わせなどはこちらへ info@hovercraft.or.jp